• ホーム
  • LINEも実はSNSの仲間!その理由を解説します

LINEも実はSNSの仲間!その理由を解説します

スマートフォンをもっているほとんどの人が利用しているといっても過言ではないメッセンジャーアプリであるLINE、生活に欠かせないという人も多いでしょう。無料通話機能や操作の簡便性によって若い人だけでなく高齢の方まで幅広いユーザー層を獲得しています。携帯にあらかじめ登録してある連絡先とLINEユーザーの情報を同期させることによって、このアプリを使っている知り合いと簡単に繋がることができるという点も大きな魅力です。

LINEによって普段は会えない人とも簡単に交流できるようになりました。そんなLINEも実はSNSの仲間であるというと、違和感を感じる人もいるかもしれません。確かに、普段の日常的なやり取りに利用している点を考えると、知り合いとのコンタクトツールとしてのLINEは社会的繋がりを作り出すためのサービスという定義であるSNSには適さないと考えられるかもしれません。

しかし、ホーム機能とタイムライン機能というサービスが加わったため、LINEもインターネット上で社会的繋がりを提供できるとして正式にSNSの仲間入りを果たしました。LINEでのSNS機能は、他のオープンなSNSサービスと異なり友達にのみ公開を限定できるという点に特徴があります。

新たに追加されたホーム機能では、ユーザーが設定したテキストや写真、動画や位置情報などを使って自分の近況を報告できるようになりました。カバー写真を設定することで、自分の好きなようにホームをカスタマイズすることも可能です。

自分の投稿が表示されるホームに対して、ライン上でつながっている友達の近況を表示してくれるのがタイムライン機能です。友達の投稿にはスタンプを送ったりコメントをつけたりすることができます。また、タイムラインには友達の投稿だけではなく公式アカウントからのお知らせも届くため、他のSNSと同じような使い方をすることも可能です。

LINEで行う投稿では公開範囲を細かく設定することができ、友達の中でも公開する人としない人を選ぶことができます。再連絡のためのツールとして利用することもでき、便利な機能と言えるでしょう。また反対に、友だちの友だちまで公開できるように設定することも可能であるため、SNSに特有な情報の拡散を行うこともできます。

一見知り合い同士の交流に使うメッセンジャーアプリとして見られがちなLINEですが、立派なSNSサービスであるということがおわかりいただけたでしょうか。